頂 黒 いただき くろ 防具(剣道具)一式|西日本武道具

株式会社 西日本武道具

092-502-8200《本社》

営業時間:9:00~18:00
土:カレンダーをご参考下さい 日・祝日除く

「頂 黒 いただき くろ」防具 (剣道具) 一式仕様

2019年新商品。幼~特大サイズまで充実のサイズバリエーションで子供から大人まであらゆる体型の方に対応できます。サイズ組み換え自由!

軽合金(ジュラルミン)面金
布団織刺し具の目刺ナナメ揃え・ナナメカット仕様
脳天織刺地雲型付き
アゴヘリ紺合皮・濃紺ナナメ刺し・4段飾※幼少は3段
甲手総織刺・手の内茶合皮・ヘリ紺合皮・鎧仕様
胸:本雲S飾り・濃紺ナナメ刺し・2本足※幼少は1本
強化樹脂胴台幼~大:平 裏黒色特大:64本型 裏赤色
織刺・5段飾※幼少は3段・額刺・腹帯額刺・ヘリ紺合皮・垂紐先細仕様・具の目刺・雲型

頂黒は使いやすさと美しさを兼ね備えた剣道具に仕上がりました。

使いやすい6mm総織刺で初心者から大人まで全ての剣道家におススメできます。見た目にもこだわったハイスペック剣道具です。 全サイズにおいて仕込み・刺し・雲型・仕立てと手間をかけ拘りぬいて仕上げております。

面の特徴とサイズ

脳天部分には総刺地による雲型付き

脳天:しっかりと厚みを加え衝撃を緩和

面布団:6mm総織刺

面金:ジュラルミン

面垂:ナナメカット

アゴ:濃紺ナナメ刺し4段飾り※幼少は3段

サイズには多少の個体差があります

頂黒面の全体と詳細 頂黒面の全体と詳細
面の垂部分

具の目刺刺し目ナナメ揃え

面の内側部分
サイズ(頭の大きさ)面金アゴ飾り布団の長さ(A)布団の幅(B)
幼年(約58~60cm)12本3段約15cm 約18.5cm
少年(約60~64cm)13本3段約17.5cm 約19.5cm
中(約62~65cm)14本中面金4段約19cm 約20cm
大(約66~72cm)14本大面金4段約20cm(71~72cmは20.5cm)約20cm(71~72cmは20.5cm)
特大(約73~75cm)14本特大面金4段約21cm約21cm
サイズは目安です

頭の大きさのはかり方

頭の大きさのはかり方

頭頂部からアゴの先まで一周の長さ

具の目刺しナナメ揃えとは?

美しく機能的

具の目刺しナナメ揃え拡大図

具の目刺をナナメに揃える仕立て方を具の目刺しナナメ揃えと呼んでいます。 この具の目刺しナナメ揃えにより、具の目刺しの持つ型が付きやすくコシのある風合いに加え、従来のナナメ刺し の様に前方向への返りの良さも兼ね備えた画期的な布団が完成しました。

また、具の目がナナメに揃っているのはとても見栄えよく機能面だけでなく見た目にもこだわっています。

甲手の特徴とサイズ

操作性だけでなく打突時の衝撃の緩和も考えて作られた甲手

左に比べ、右の甲手布団に厚みをもたせることで打突時の衝撃を緩和します。左右の厚みに差がありすぎませんので使用時の違和感はありません。手首部分は柔らかく仕上げておりますので竹刀を操作する際に余分な力を必要としません。

頂黒甲手使用写真
頂黒甲手

手の内 / 茶合皮 甲手頭総織刺 鎧仕様

頂黒甲手拡大写真 頂黒甲手拡大写真

甲手サイズのはかり方

中指の先から手首の長さ

甲手サイズのはかり方A

手のひら一周の長さ

甲手サイズのはかり方B
サイズ甲手サイズ(A)甲手サイズ(B)
幼年約15cm約17cm
少年約16cm約18cm
約18cm約20cm
約19cm約21cm
特大約21cm約24cm
サイズは目安です

胴の特徴とサイズ

耐久性と衝撃吸収性はもちろん 身体にフィットするのに剣道着を摩耗させない

頂黒の胸飾りは剣道具全体の緻密な造り・高級感と バランスを取るべく濃紺ナナメ刺し・本雲S飾りを採用。 さらに胸裏の滑らかさにもこだわり、剣道着の摩耗を軽減できます。

濃紺ナナメ刺し 本雲S飾り 革綴じ返しベリ仕立て 2本足※幼少は1本 強化樹脂胴台

頂黒胴
頂黒胴使用写真

雲型は竹刀の先が胸をついたときの 滑りを防止する役割があり 見た目が華やかになる部分でもあります

頂黒胴の全体と詳細 頂黒胴の全体と詳細

胸裏の縫い目・刺し目の凹凸を減らし 滑らかに仕上げています。 最近人気のあるジャージ素材の剣道着なども 傷めにくい作りになっています。

飾り:本雲S飾

頂黒胴_足_比較

幼少は足1本他は足2本

頂黒胴台_比較

特大は64本型・裏赤色他は平・裏黒色

サイズ胴サイズ(A)胴サイズ(B)
幼年約31cm約27.5cm1本足
少年約34.5cm約31.5cm1本足
約37cm約34cm2本足
約38cm約34.8cm2本足
特大約40.5cm約37cm2本足
サイズは目安です

垂の特徴とサイズ

安心・安全に加え、身に着けた時の安定感 見た目の高級感も兼ね備えた自信作

大垂、小垂に加え、腹帯に額刺を入れる事で垂全体に 高級感が出ます。段飾り下にも織刺地による雲型がしっかりと 入っています。 面と同じく柔らかさと適度なコシがより良い風合いとなり 身に着けた時に軽さと安定感を持たせます。 しまりやすさが腰のサポートにもつながります。 垂組は結びやすい先紐仕様となっております。

頂黒垂使用写真

6mm刺 5段飾り※幼少は3本 雲型飾り 額刺し

頂黒垂拡大写真
頂黒垂細部写真01 頂黒垂細部写真02
頂黒垂全体写真サイズ参照
サイズ帯高さ山道込み(A)帯総幅(B)大垂左右幅(C)大垂長さ(D)大垂上幅(E)大垂下幅(F)垂紐長さ
幼年約7cm約67cm約44cm約23cm約12cm約13.5cm約83cm
少年約7cm約69cm約46cm約25cm約12cm約14.5cm約89cm
約8.5cm約77cm約51cm約26.5cm約13cm約15.5cm約94cm
約9cm約80cm約53cm約29cm約14cm約16.5cm約100cm
特大約11cm約83cm約60cm約31cm約17cm約18.5cm約130cm
サイズは目安です